家族葬とはいったい何か

家族葬とはいったい何か

近年、葬儀にはさまざまな形式が増えてきており、そのひとつに家族葬という形式があります。この形式の葬儀は通常の葬儀とは違い、故人にとって身近だった人達だけで行うというもので、少ない人数で葬儀を行うという点が大きな特徴となっています。故人によって望んでいる葬儀の形式は違いますし、中にはあまり大きな規模で葬儀を行う事を嫌う人も少なくありません。そういった故人の希望に添った葬儀として家族葬という選択肢を考えてみてはどうでしょう。もちろん通常の葬儀とは違い、さまざまなメリットやデメリットも持っていますし、行う上で注意しなくてはいけないポイントもありますから、葬儀を選ぶ時には慎重にならなくてはいけません。

そして、葬儀の形式を選ぶ時にはどういった葬儀の形式があるのかを知っておく事も重要です。自分の葬儀をどうするのかを考える時にはもちろんですが、もし身内の方が亡くなってしまった際に葬儀を行う側になった際にも、葬儀の形式にどういったものがあるのか知っておかないとスムーズな手続きがしにくくなります。通常の形式で良いという場合は特に気にする事もありませんが、例えば故人が生前にあまり人を呼ばないで欲しいと希望していた場合や、あまり費用をかけられないという場合に、家族葬など通常の形式とは違う形式の葬儀があるという事を知っておけば、より個人の希望に添った葬儀や費用面で負担の少ない葬儀をする事ができるようになります。

通常の形式で行う葬儀や家族葬以外の葬儀の形式としては、火葬だけを済ませるだけで通夜や告別式を行わない直葬、事前にごく少人数で葬儀や火葬を行ってしまい、その後できちんとした葬儀を行う密葬といったものがあります。特に密葬は家族葬と同じ形式だと思いがちですが、実際には先に葬儀から火葬までを身近な人だけで行うというだけで、その後に本葬と呼ばれる通常の葬儀と同じ大規模な葬儀が行われます。家族葬、直葬、密葬、そして通常の葬儀などさまざまな形式がある葬儀はそれぞれどういった形式なのかを正しく把握しておきます。きちんと理解していないと故人の希望や予算に合わせた葬儀を選ぶことは難しくなりますので、きちんと故人を見送れる葬儀を行うためにも形式の種類は知っておきましょう。

家族葬について考える時には、家族葬のメリットやデメリット、そして家族葬を行う時に注意しておきたいポイント、そして葬儀にかかる費用を抑えたいという場合にどうすればいいのかを知っておくと良いでしょう。また、同時に費用の目安がどのくらいなのかも知っておくと非常に重宝します。

INFORMATION

【2018年08月13日】 
ホームページを更新しました。