家族葬のメリットとデメリットとは?

家族葬のメリット・デメリットを知っておくと、どういった形式で葬儀を行うのかを考える時に役立ちます。メリットはもちろんですが、デメリットもきちんと把握しておかないと家族葬を行う時に思わぬトラブルの原因にもなってしまいますし、故人をきちんと見送る事ができなくなってしまうでしょう。では、メリットやデメリットにはどういったものがあるのでしょうか。

まずメリットとして挙げられる点は、費用が安いという点です。家族葬は通常の葬儀とは違い、少人数で行う事になりますから通常の葬儀と比べて費用を安く抑える事ができます。通常の葬儀はそれなりの費用がかかりますから、突然ご家族がなくなり、葬儀の費用を用意できないという場合には家族葬を選んでみてはどうでしょうか。そして参列者が少ないという点も大きなメリットで、例えばあまり大げさな葬儀にしないで欲しいという故人の希望があった場合に、その希望に添う形式の葬儀にしたいという場合、家族葬を選んだ方がより故人の遺志を尊重した葬儀となるでしょう。

家族葬の参列者は故人と親しい人ばかりですから、通常の葬儀のように参列者への対応に追われて故人をあまり偲べないという事がありません。しっかりと個人との別れを偲ぶ形の葬儀を行いたいと考えた時には、こちらの形式で葬儀を行った方がよりゆったりとした葬儀を行えます。親しい人ばかりという事は、故人が希望した形での葬儀が行いやすいというメリットも持っています。例えばしんみりとした雰囲気ではなく賑やかに見送って欲しいと故人が望んだ場合、通常の葬儀ではそういった形式は難しいですが、親しい人ばかりのこの形式ならば故人の遺志にそった形で行いやすいです。

一方でデメリットとして、参列者としてどこ範囲の人までを呼ぶのかという見極めが難しいという点があります。例えば親類であってもあまり交流がないからと呼ばなかった場合、後になってから何故呼ばなかったのかとトラブルになる可能性もあるため、きちんと見極めておく必要があります。家族葬を行う場合は、事前に誰までを呼ぶのかを相談しておいた方が良いでしょう。