家族葬の相場、そして安く抑えるために

家族葬の費用は通常の葬儀よりも安くすませる事ができ、費用の目安としてはおおよそ20万円前後から100万円程度となっています。通常の葬儀はおおよそ200万円前後が一般的とされていますから、家族葬はそもそもかかる費用が通常に比べて安く抑えらます。これは参列者を親しい人に限定する事で人数を減らし、参列者への返礼品や食事にかかる費用を減らせるためで、親しい人だけに限定した葬儀だからこそ安く抑える事ができるようになっています。ただ、場合によってはこれ以上に費用を安く抑える必要がある方もいますから、そういった場合にどうすればより費用を安くできるのかを知っておきましょう。

家族葬の費用を安く抑えるためには、やはり参列者の人数を抑えるというのが一番効果的です。葬儀において費用が高くなる理由のひとつには、参列者への返礼品や会場での飲食代ですから参列者の人数を抑える事でこれらの費用を抑え、総じて全体的な費用を抑える事ができるようになります。例えば参列者を親類だけに限定する、または生前に故人と特に親しくしていた人だけにするなど、どのように参列者を限定するかは喪主側が決められますが、あまり限定しすぎるとトラブルの原因にもなりますから注意しておく必要があります。

もうひとつ費用を安く抑えるための手段として、給付金を利用するという手段があります。これは故人が健康保険に加入していた場合に適用される方法で、加入していた場合は亡くなってから2年以内に区役所や市役所に申請する事で、喪主に対して葬祭費が給付金として支払われます。この給付金はおおよそ5万円から7万円とされていますが、地域によって金額が異なっているため家族葬の費用を安くしたいという場合は区役所などに問い合わせてみると良いでしょう。

家族葬にかかる費用は喪主となるご家族が支払う事になりますから、どのくらいの費用が必要になるかはしっかりと知っておかなくてはいけません。せっかくの葬儀に費用が足りず、故人の見送りがきちんとできなかったという事にならないように、形式によってどのくらいの費用がかかるのか、もし家族葬の費用を安く抑えたい場合には何をすべきなのか、こういった情報をきちんと確認しておきましょう。