家族葬を行う時に注意したい事

家族葬は通常の葬儀とは違っている部分もありますから、葬儀を行う際にはいくつか注意しなくてはいけないポイントがあります。故人を見送る葬儀で恥をかかないためにも、きちんと故人を見送るためにも、どういったポイントに注意すべきなのかを知っておきましょう。通常の葬儀とは違う部分に関する注意点が多いですから、家族葬を行うと決めた時には必ず知っておきたいポイントです。

家族葬を行う時には、まず何よりも周囲の理解が必要です。近年ではさまざまな形式の葬儀が行われるようになっていますが、やはり従来通りの葬儀をした方が良いと考えている方も多くいます。そういった方にとってこの形式はあまり歓迎されるものではありませんから、反対する親族がいる場合は事前にきちんと相談してお互いに了承を得ておく事がおすすめされます。また、周囲に葬儀の事を知られたくないという場合は葬儀会社に相談する事で、霊柩車などではなく通常の車で遺体の搬送などをしてくれるため、もし近隣に葬儀中であることを知られたくないという場合はこういった部分にも気を付けておきましょう。

もうひとつ絶対に気を付けておきたいのは、誰まで葬儀の事を伝えるのかを決めておくことです。通常の葬儀の場合、仕事で関係がある方まで訃報を届ける必要がありますが、家族葬の場合は親しい人だけに限定する事ができます。しかし例えばご家族は親しいと思っていないが、故人とは非常に親しかったという間柄の方もいますから、確認を十分にしておかないと葬儀の後でトラブルになってしまうでしょう。もし参列してもらわない予定の方に訃報を届ける際には家族葬である事も伝え、さらに確認のために電話連絡などもしておくと良いです。

香典や弔電についても、家族葬の場合は辞退するケースもあります。やはり参列できない方からの香典だけをいただくという訳にはいきませんから、訃報をお知らせする際に香典は辞退するという旨の連絡もしておいた方が良いでしょう。それでも香典を準備してくださった方に断固として断ってしまうと失礼に当たりますから、きちんと受け取って後日お返しをするなどを対応をしましょう。基本的に訃報のお知らせと共に、香典や弔電に対する連絡も行うため訃報を送る前に確認しておく事が何よりも重要となってきます。